司法書士って?

ホーム > 司法書士って? > 高校生等法律講座

高校生等法律講座

和歌山高専での講座

 和歌山県司法書士会では、進学・就職により社会に巣立って行かれる高校生等を対象に、消費者被害の防止と、被害を被った場合の解決方法など、身近で基本的な法律知識を身につけて頂くため、各高校等の教室まで司法書士を派遣して講義を行う「高校生等法律講座」と題する出前講座を実施しています。

 本講座では、日頃消費者被害の問題に取り組んでいる司法書士が、クレジットカードや悪質商法、契約についての基本的な法律知識などについて、パワ-ポイント、DVD等を使ってわかりやすく講義させて頂きます。


橋本高校での講座

 私たち司法書士は、日常業務ならびに社会貢献のためのボランティア活動において、地域に密着した、日々の生活に身近な法律問題を中心に市民の相談相手として、悪質商法被害、クレジットカードトラブル、多重債務問題などに積極的に取り組んで参りました。

 近年、若年者層、高齢者層をターゲットとした悪質商法による被害が多発し「もう少し法律知識があれば被害に遭わずに済んだのに」また、万一トラブルに巻き込まれた場合には、「一人で悩まないで適確な相談相手に相談していれば更に深刻な事態に陥らずに済んだのに」と残念に思うケースが多々あります。

 本講座は、こうした問題を少しでも未然に防止できたらと考え、プロボノ(ボランティア)活動の一つとして実施し、毎年多くの高校等で大変好評をいただいています。